バーテンダーの教えるBARで使えるウイスキーの豆知識3選

お酒のお話

みなさんこんにちは、NARUさんです。

みなさんはウイスキー、好きですか?

 

香り高く、品があって、大人な飲みものの一種ですよね笑

 

私も初めはアルコール感があるウイスキーが好きではありませんでしたが、一度ハマってしまい抜けられなくなってしまいました笑

 

そんなNARUさんが今日は、BARで使えるウイスキーに関する豆知識を少し披露したいと思います。

 

話のつなぎや、つかみなんかに使ってみてくださいね笑

それでは行きましょう!

BARで使えるウイスキー豆知識

1.ハイボールは飲み方ではなくてカクテル

みなさんはハイボールってご存知でしょうか?ウイスキーをサイダーで割った飲みのもののことを全般的に指します。ここで多くの人が勘違いするのはハイボールはウイスキーの飲み方の一種であってカクテルではないということ。

 

しかし、カクテルというのは基本的に「アルコール+その他の飲料や、その他のアルコール」で構成されています。つまりは

 

ハイボール=ウイスキー+サイダー であるので十分にカクテルという名前を付けることが出来るというわけです。

 

ハイボールを飲みながら、「カクテルっておいしいよね!」と言えば多くの人は「それカクテルじゃねぇし!!」と突っ込んでくれること間違いなし!

是非試してみてくださいね!

2.ウイスキーは主に5か国でしか作られない

多少語弊はありますが、日本で発売されているウイスキーは基本的に5つの国で造られたものになっています。その5つの国とは

  • アメリカ合衆国(アメリカンウイスキー)
  • 日本(ジャパニーズウイスキー)
  • アイルランド(アイリッシュウイスキー)
  • スコットランド(スコッチウイスキー)
  • カナダ(カナディアンウイスキー)

です。

 

つまりはBARの棚の上においてある輝かしいボトルたちもたった5つの国からきたボトルというわけです。先ほど語弊があると言いましたが、その理由として今の台湾やインドなどでウイスキーは生産されてはいるからです。

 

つまりは世界でウイスキーは造られているのですが、インドはほとんど輸出しませんし、台湾はまだネームバリューが薄いので、まだまだ名前が出てくるのは先の話ですね。

 

ちなみに台湾ウイスキーで有名なのはカヴァランというもの。

気になった方は購入してみてはいかがでしょうか?

3.正露丸の匂いのするウイスキーがある

みなさんは体調不良の時に正露丸って飲んだことありますか?あの正露丸の香りは独特ですよね笑

そんな正露丸の香りを彷彿とさせるウイスキーがあるとすれば面白くないですか?

 

実はウイスキーで、正露丸の香りがするものは数多く存在します!!

(ウイスキーあまり飲まない人からすれば衝撃ですね!)

 

そんな正露丸ウイスキーに挑戦してみたい人は下のようなウイスキーをお勧めするので是非飲んでみてはいかがでしょうか?

・ラフロイグ

かのチャールズ皇太子が好んでいるウイスキー。その香りは強烈ですが、なかにさわやかな甘みがあります。

 

・アードベック

アイランズモルトの代表格アードベック。その香りは強烈でまさに正露丸笑

しかし、なかにはしっかりとした甘みもあり、余韻もすばらしい。

 

人によってはウイスキーにしては高いと思うかもしれませんが、試す価値はありです笑

正露丸の世界をお楽しみください!

まとめ

いかがだったでしょうか?

以上がBARで使えるウイスキー豆知識でした。

 

今回は割とウイスキー初心者向けに書いた豆知識だったので、もしこの記事が評判になれば第二弾もやろうと思います笑

 

「ウイスキーとバーボンの違いは○○だった!?」

とか書いてみたいので笑

とりあえず今日はこの辺にしておきます。

BARの値段設定の裏側を紹介!
みなさんこんにちは、NARUさんです。 みなさんはBARって行ったことありますか? 重々しく大きな扉をあけると、高価なお酒や世界中のお酒がずらりとひしめき合っており、カウンターの内部にいるバーテンダーさんは動きに無駄なく、お客様に最高の一杯をお出しする... その空間はまさ☞記事本文へ

 

ここまで読んでくれてありがとうございました!

コメント